風俗店の退職届けは郵送ではダメですか

著者:egawa

風俗店の退職届けは郵送ではダメですか

風俗を辞めたい♻️無料相談(電話・メール)

相談事例

ピンクサロンのバイトをしていましたが、精神的にきつくて休みがちでした。店からなんども連絡がくるので、辞めたいと伝えましたが、辞めるなら退職届けを店に来て書いてもらわないといけないと言われました。

店に行くと、あれこれ説得されてシフトを入れられそうなので行きたくありません。店長はちょっと怖そうな人で、前に女の子が辞めようとしたとき何か違反をしたということで罰金を払うよう言われたそうです。けっきょくその女の子は6ヶ月間働いてやっと辞めることができました。

私もたぶんそうなりそうな予感がするので、店には行かずに辞めたいです。でも、欠勤が多いと罰金になるとも言われていて、困っています。退職届けは郵送ではだめですか。

 

回答

面倒そうな店のようです。人の出入りの激しいピンクサロンのような業界で、アルバイトが辞めるのにわざわざ店に来いというのは確かに不自然ですね。結論からいえば、店に出向いて退職届けを書かないと何か支障があるということはありません。
おそらくあなたが想像しているとおり、何かささいな違反を指摘されて、「罰金を払う必要があるから、あと6ヶ月働いてもらう、そうすれば罰金は払わなくてもいい」などという話になる可能性があります。実はピンクサロンでは、この手の話がけっこうあります。

もし、あなたが店に行ってそういう流れになったときに振り切る自信がないなら、店には行かないほうがいいでしょう。もちろん、本来であれば、「お世話になりました」と直接あいさつして円満に退店するのが理想ですが、そういう雰囲気ではないと感じられるのであれば、退職届けを郵送で送るのもやむをえないと思います。

 

退職届けの題は、風俗店の場合、『退店届け』にしたほうがいいですか。

「退職届け」でも「退店届け」でも、タイトルに決まりはありませんから、どちらでも効果は同じです。個人的に、アルバイトであれば、『退店届け』の方が合っているような気がしますが、別に「退職届け」でもかまいません。

大事なのは、辞める意思を伝えるということ、そして、いつ伝えたかということです。

ちなみに、自分のサインを忘れる人はいないと思いますが、年月日を書くのを忘れる人もいるので、注意しましょう。

 

退店届け、退職届けは、写真にとっておけばいいですか?コピーもとったほうがいいですか?

写真やコピーは保存しておくにこしたことはありませんが、一番注意しないといけないのは書留郵便で出すことです。できれば、少しばかり費用が高くなりますが、書留に配達証明をつけてもらうと相手が受け取ったあと、郵便局から「○◯年◯月◯日に誰それさんに配達しました」と書かれたハガキが届きます。

もし、書留も配達証明もなければ、相手に届いてないとシラを切られたら、何も証明するものがありません。

ですから、最低限、書留で出すこと、そしてできるだけ配達証明をつけて出しましょう。

退職届け、退店届けを内容証明郵便で出すというのは、どういうときですか?

内容証明郵便も基本的には配達証明をつけて出しますが、内容証明郵便は、出した手紙の文章まで証明してくれます。(そのため謄本が郵便局に保管されます。)

すでに店からおかしな罰金を要求されていたり、実家に行くなどと脅されていたりするような場合は、内容証明郵便で退職届けを出した方がいいでしょう。

その場合、自分で出すよりも、士業に依頼して法律的に整理して書いてもらったものを出すと、相手をけん制できます。

風俗を辞めたい♻️無料相談(電話・メール)

著者について

egawa administrator

行政書士 江川雄一事務所 代表 行政書士 江川雄一 当サイト運営。退店トラブル、法外な罰金でやめられないなどの内容証明郵便の相談、作成などを受け付けています。 電話相談、メール相談は無料、全国対応です。 お気軽に、電話、メールしてみてください。